神戸いってみっか~☆彡

地元神戸の行ってみたい所を地元目線でお伝えする情報ブログ!地元人しか知らないところも満載!

日本三大夜景!神戸編 六甲ガーデンテラスの楽しむ方法

https://ext.yakei.jp/photo/pc/maya3.jpg

神戸といえば、夜景!というイメージがある人も多いのではないでしょうか?

好きな人と見ると思わずうっとりする夜景が目の前に広がれば・・・・2人の距離は

自然と縮まること間違いなし!だって百聞は一見にしかずですからね。

 日本三大夜景 神戸摩耶山のみどころは

https://i.ytimg.com/vi/Lr8AXH9MErY/maxresdefault.jpg

日本三大夜景といわれる場所

 

北海道 函館市 函館山

兵庫県 神戸市 摩耶山

長崎県 長崎市 稲佐山

 

ですね。その中の1つ 神戸の摩耶山

 

見所はなんといっても、美しい!!といっても伝わらないですよね。

何度も訪れていますが、今は様々なお店も立っていますが、昔は展望台によくある

ちょっとした軽食を食べられる小さいお店しかない場所でした。

 

訪問時期はいつが最適?

 夜景といえば、やっぱり冬がきれい!しかも山の上なので断然冬の方がきれいです。

ただ、寒いです。本気で!もちろん北海道には負けますが、たいがい寒いです。

夏の終わりに行っても、ひんやりする摩耶山ですが冬は10分が限界かな(笑)

でも空気が澄んで、神戸の夜景の一望が霞みなくみられるのは最高です♡

 

 摩耶山 六甲ガーデンテラスの楽しみ方

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/rokko/rokko_garden/yuhi/yuhi_010.jpg

展望台一体に広がる六甲ガーデンテラスですが、様々なエリアがあるので行ってみてく

ださいね。

 

スポット1:自然体感展望台 六甲枝垂れ

https://eonet.jp/var/rev0/0001/4404/LC_A.jpg

四季折々に変わるイルミネーションの色が見れる

 

ヒノキの優しい香りと、「枝葉」というフレーム越しに降り注ぐ太陽の光を感じられる

展望台と言われている、いわばオブジェのようなもの。

 

【営業時間】10:00~21:00(受付終了20:30)
【入場料】大人300円 小人(4歳~小学生)200円

が必要なので、準備しておいてください。

 

スポット2:見晴らしの塔

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/rokko/rokko_garden/yakei/yakei_003.jpg

この塔は11Mあるのですが、階段で登れちゃいます!

狭い螺旋階段ですが、ぜひ登ることをオススメします!ちなみに私は妊婦ですが

登れました。狭いので気を付けてください。

 

スポット3:見晴らしのテラス

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/rokko/rokko_garden/yakei/yakei_017_1024.jpg

見晴らしの塔から少し歩くと、テラスが広がっています。ここも一面に夜景が広がり一望できますので、見晴らしがいいところです。

 

スポット4:見晴らしのデッキ

http://enjoy-jp.net/img/articles/rokko_gardenterace_yakei_2.jpg

昔はここしかなかったんですよね。

でも今は様々なスポットがあるので、分散できるのはいいですね。

ただ、柵越しにみる夜景はきれいです。ちなみにこの後ろは軽食を食べられるフードテ

ラスがあります。

 

神戸の夜景ではここが第一位で人気

 

 

 摩耶山へのアクセス方法

電車を使う場合

http://park7.wakwak.com/~lom/207.jpg

摩耶山へのアクセス方法は

 

電車 + バス + ロープウェイ + バス

 

車🚙

 

しかありません。

 

f:id:apprecilove7:20181106154056j:plain

出典https://www.rokkosan.com/access/

 

一番近いのは、

阪急電車の六甲駅から神戸市営バスの16系統もしくは106系統に乗り、六甲ケーブ

ル下駅まで行きます。

 

JRの六甲道や阪神電車御影駅からもバスはでています。

北から阪急電車 JR 阪神電車 と並んでいる感じなので、六甲ケーブル下まで行こ

うと思えば必然的に阪急電車からの距離が一番近くなります。

まぁJRと阪急との距離も歩いて10数分なので思いっきり離れているわけではありま

せんが。

 

余談ですが、阪急六甲駅の最寄の有名な大学と言えば神戸大学です。

 

阪急六甲駅から六甲ケーブル下駅までは、歩いてもいけないわけではありませんが、神

戸特有のものすごい坂道を歩いていかなければなりませんので、バスに乗ることをオス

スメします。

 

六甲ケーブル下駅からはロープウェイに乗ります。始発は7時10分です。

 

https://www.rokkosan.com/wp-content/themes/rokkosan/images/cable/image_view01.png

 

f:id:apprecilove7:20181106155240j:plain

引用:六甲ケーブルの時刻表・運賃表 | 六甲ケーブル

【運賃】 片道 :大人 590円  往復1,000円

     片道 :小児 300円  往復500円

 

https://www.rokkosan.com/wp-content/themes/rokkosan/images/cable/map/image_map_cable.png

出典:https://www.rokkosan.com/cable/map/

 

六甲山上駅から六甲ガーデンテラスに行く方法はバスがありますので、そちらを利用してください。

ちなみにバスの運賃は距離ごとに変動します。

六甲ガーデンテラスまでは、六甲ケーブル下駅からは 

大人 260円

小人 130円 になります。

 

👇👇 詳しい情報はこちらから

六甲山上バスの時刻表・運賃表 | 六甲ケーブル

 

車で行く場合

f:id:apprecilove7:20181106161949j:plain

出典:https://www.rokkosan.com/access/

 

車の場合は六甲山にあがるドライブウェイがあるので、そちらを利用すれば行けます。

ただ、2018年8月の時点では表六甲のドライブウェイも裏六甲のドライブウェイも

雨の影響で閉鎖されていました。

しかし、六甲有料道路が始まる所まで登っていけば、展望台に行ける道に繋がっている

ので、そこからは車で展望テラスまで行けますよ。

ちなみに下記のように記載されています。

市道神戸六甲線(表六甲) ≪通行止め≫
①日時:平成30年7月5日10時00分~
②場所:【旧道】神戸市灘区六甲山町(新六甲大橋下交差点)~神戸市灘区六甲山町(旧料金所前)
③原因:法面崩壊
≪開通の見通し≫
未定
 
※上記区間新道については通行可能です
※神戸市灘区六甲山町(旧料金所前)~神戸市灘区六甲山町東山ノ内西谷(丁字ヶ辻)については通行可能です(片側交互通行)

 

摩耶山で彼女を喜ばせるプラン

http://mari.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2007/11/30/xmas_001.jpg

ここに一緒にくるだけで特別な時間を過ごせると思いますが、更に特別を出すためには、ワンランク上のプランを用意することができるんです。

 

六甲ガーデンテラス内にある

ラニットカフェ

では、一人 4500円(税込み)

https://www.rokkosan.com/wp-content/themes/rokkosan/images/gt/plan/menu_img01.jpg

これが食べれちゃいます!!黒毛和牛フィレ肉。

それになんといっても夜景がキレイのでオススメ!!!こんなところを予約してくれる

彼なんてとっても優しくて嬉しいと思いますよね。

http://kisspress.jp/shared/img/articles/basic/7900-7999/7953/img56978c582d718_tw.jpg

 

また同じお店で

【3種の晩ごはんセット】

https://www.rokkosan.com/wp-content/themes/rokkosan/images/gt/plan/menu_img02.jpg

こちらは

パスタセットは1,944円、魚セットは2,160円、肉セットは2,700円

(全て税・サービス料込)です。

 

予約はこちらからできるみたいですよ👇👇

https://www.rokkosan.com/gt/plan/

 

 まとめ

https://icotto.k-img.com/system/press_images/000/179/993/72abe1b4aeb640ac5cdf5bc1194e1c38d89bfdf5.jpeg?1500589111

神戸に来たら是非、立ち寄ってほしいスポットの1つ摩耶山の夜景。

ケーブルにも乗れるし、ちょっと足を延ばすだけで日本三大夜景の1つをみることが

できるので、行ってくださいね。絶対に損はしません。